hamawaki music♬

音楽を楽しみたい♬シェアしたい方に!!

少年時代♬

こんにちは♬
濱脇宏太です。

梅雨の季節が続きますが、あと少しすれば本格的な夏が到来しますね。


アイスクリームが美味しい季節がやってきます♪
小さい時は、よくアイスクリームの食べ過ぎで
親に叱られたものです(笑)


本日紹介する曲は、そんな少年の時の記憶を
思い出させてくれる、井上陽水さんの「少年時代」です♪


井上陽水さん
最大のヒット曲になっていて、
代表的な曲な一つですよね♪
今となってもこの曲を聞いて、昔の思い出に浸っています♪

 

www.youtube.com




夏が過ぎ 風あざみ
だれの憧れにさまよう
青空に残された 私の心は夏もよう
夢が覚め 夜の中 
長い冬が 窓を閉じて 
呼びかけたままで
夢はつまり 想い出の後先
夏祭り 宵かがり 
胸の高鳴りに合わせて
八月は夢花火 私の心は夏もよう

実はこの歌詞の中にある、「風あざみ」
「夏もよう」「夢花火」は井上陽水さんによる
造語だと皆さん知っていましたか?


辞書を引いてもこれらの言葉の意味は出てきません。
まさに井上ワールドです(笑)


井上陽水さんはあえて自らで考えた
造語を使うことで、少年時代のときのような
何事にも縛られない自由な発想力を
表しているんではないかと思います。


経営者もイメージする事がすごく大切になってきますので、改めて想像の豊かさを生かしていこうと思いました♪